ゆめねこはうす&kyokotan

本、DVD、手帳、Macなどの覚書き

名古屋市科学館の「木のおもちゃ展」、心に響きました。

 11月3日、孫たち家族と一緒に、名古屋市科学館に行きました。

www.ncsm.city.nagoya.jp

f:id:yumenecohouse:20191108221033j:plain



 目的は、小三の子が参加している小牧市の「宇宙の学校」という学習の講座のイベントで、科学館のプラネタリウムで星を見たり話を聞いたりするのです。

 

 で、家族でプラネタリウムや、望遠鏡を見たりすることを楽しみました。

 

 その後、地下2階で「木のおもちゃ展」というのをやっていて、私も孫たちと遊んだのですが、ユニークな、パズル的おもちゃに、小一の孫がはまりました。

www.ncsm.city.nagoya.jp

 

 正方形の板を、紐で、組みながらサイコロ型の立方体にするのです。

 紐は、交差させないように、一筆書きのように溝に沿わせ、6枚の板を組み合わせるのです。

 

 

f:id:yumenecohouse:20191108220650j:plain

 

 その後、ゴムのかけひもを使って、多面体を作るパズルも一生懸命やっていました。

 

 またこういう積み木もあって、こちらは年少の子も並べて組み合わせて遊べました。

 

f:id:yumenecohouse:20191108222030j:plain

 

 2色の積木で、並べて遊んでもいいし、紐で組んで形を固定するのも楽しそう・・・、時間がかかるけど。

 

 

 パズル的なのだけでなく、動くおもちゃもいろいろあり、1歳児の子も楽しんでいました。

 

 いいですね、木のおもちゃ、今まであまり感じなかったけど、魅力があります。

 

 この日はこの後、科学館の他のところも見に行ったので、ゆっくり木のおもちゃなどの展示が見られず、心残りでした。

 

 家に帰って、ネットで調べてみても、このおもちゃの情報がなかなか出てきません。。。

 

 また後日、見にいきたいなと思いました。

 

 もう11月10日(日)で、おもちゃ展、終わっちゃうのですよね・・・。

 

f:id:yumenecohouse:20191109211519j:plain