ゆめねこはうす&kyokotan

本、DVD、手帳、Macなどの覚書き

稲盛和夫さんの「こころの育て方」

 先日、紀伊國屋書店の子どものコーナーを見ていたら、いろいろ気になる本があり、購入しました。

 

 

 

 人間は、自分の心の持ちようが大切です。

 

 思い通りにならない時など、どう自分を説得すればいいのかわからず、感情を持て余すこともあります。

 

 大人もそうなのだから、子どもはなおさら、理屈では分かってはいるけど、怒りや悲しみに流されることも多いでしょう。

 

 あるいは、そういう感情を発散できず我慢しているうちに、自分のしたいことがわからなくなる子もいるでしょう。


 

 

 そんな時、本が道しるべになることもあります。

 

 本屋さんでこの本を見て、そんな思いがして購入しました。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こどもこころの育て方 稲盛和夫新道徳 [ 稲盛和夫 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/4/20時点)

 

 

 内容ですが、

 

 同じことでも人の向き合い方(自己中心か、他人を思いやるか)によって、楽しいことにもなるし苦しいことにもなる、といった考え方

 

 こころの庭の手入れをしよう
 

 

 働くことの大切さ

 

 

 

 など、大人が読んでも読み応えがあり、幸せになるために、こころの持ち方を変えよう、と感じることも多いのでは。

 

 

 

 

 

 
 先日、小二の孫が家に来た時、この本を見つけて「面白い。」と熱中して読んでいました。

 

 

 

 「この本いいよ、読んでみて。」と渡すまでもありませんでした。。

 

 

 

 持っていっていいよ、大切に読んでね、本の帯も大事なものなのよ、と教えたら、自分の家に帰っても、帯も大事にして読んでいるようです。

 

 

 

 他にも姉妹がいるので、みんなで読んでくれたら(もう少し大きくなってからかな)いいな。。と思います。

 

 

 

 

 

 


広告
タカラトミーモール