ゆめねこはうす&kyokotan

本、DVD、手帳、Macなどの覚書き

映画「アース」を観てきました。

 1月中旬から封切られた「アース」を観てきました。

 

 地球の生き物が、みんな一生懸命生きている生身の様子が描かれています。

 人間だったら、寒かったら服を着たり、火を焚いたり、暑かったら、冷房を使ったり。

 でも、生身の動物はそれができないので、寒かったら暖かい土地に移動します。

 乗り物はないので、自分の体一つで。

 それは、命をかけての移動です。

 

 たとえば、水を求めて、からからの砂漠を移動する象の大群。

 途中ライオンに殺されたり、群れからはぐれたり。。

 襲われそうになりながら、リーダーの象や母親に守られる子象。

 それでも、なんとか飲まず食わずで旅を続け、たどり着いた先の池の中で泳ぐ象の姿には感動しました。

 

 生まれてすぐ、そうした旅に出なければならない動物達もいます。

 でも、地球の温暖化のせいで、そうした旅の行程が狂いつつあるようです。

 あるべき水がなくなっていることも予測されます。

 いまならまだ、やりなおせる、といった、ナレーターのことば。

 でも限りない人間の欲望、どうしたら、うまく地球の自然と共生していけるか、叡智が必要です。

 レジ袋をなくすような小さいこともですが、もっと大きく温暖化を防ぐことはできないのでしょうか。

 24時間稼働。

 確かに能率的ですが、地球のことを考えたら夜の眠りは必要なんじゃないでしょうか。